Name
Mail
*初期投稿には必要ありません
icon
99
Pass
*編集・削除用(任意:英数字4~8文字)
Subject
りつ

月1回の全身CT検査の医療被曝について

0 2019/03/21 (Thu) 21:36:40
CT検査での医療被曝について心配なため質問させてください。

現在、肺がんの再発のため放射線治療に向けて準備中です。
昨年の8月から現在まで転院、同じ病院内でも転科のため8回ほどCT検査を受けています。4月末の治療終了までには10回ほどになると思います。
これについては診断やより良い治療選択等のため不安に思いながらもしょうがないと納得しています。
 
先日、内科の主治医より放射線治療終了後の経過観察について簡単な説明がありました。
月に一度、全身CT検査を受けていくようにと言われました。
具体的な年数は言われませんでしたが数年になると思います。
治療後もリスクを抱えていく身ではありますがこの経過観察のCT検査でよりがんのリスクが高まるのではないかと心配しています。

現在、48歳ですが既に30回以上のCTを受けています。

経過観察のためCT検査は受けなければいけないとは思っていますが年に何回程度なら受けても大丈夫でしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

相談員 - Re:月1回の全身CT検査の医療被曝について 2019/03/22 (Fri) 22:00:19
大分県放射線技師会の相談員です。
経過観察のCT検査でよりがんのリスクが高まるのではないかと心配ということですね。
ご心配のところ誠に申し訳ありませんが、返信までに少々お時間をいただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。
6才男子母

子供のレントゲンとCTについて

0 2019/03/22 (Fri) 12:02:56
こんにちは。以前も相談させて頂いたのですが再び不安になり相談させて貰います。

昨日、6才の息子が腹痛で病院に行ったところ盲腸を疑われエコーではわからず造影剤の腹部CT検査をしました。
結局、盲腸ではなくただ炎症が起きてただけかなぁという診断で抗生剤治療になりました。今日になったら腹痛もなくなり元気になっています。こんな事なら病院に行かなければ良かったと後悔しています。

私はCTは一回だけかと思っていたら、息子に聞いたところ二回はやったよと言っています。
11月に足が痛いと言うので整形外科でレントゲンを3枚撮りました。
先生にCTの回数の確認は忘れてしまったのですが、レントゲンを年末に撮っている事は伝えましたが今回CTを撮っても問題ありませんと言われました。
健康被害はありませんと説明されましたが、自分がこんなに短期間にレントゲンやCTを撮った経験がないので不安になっています。
生殖腺への被ばくが心配です。レントゲンもCTも生殖器が入っているので…先生の言葉を信じたいのですが不安が消えません。
子供が将来がんや不妊になる可能性を上げてしまったのでしょうか?教えて下さい。
相談員 - Re:子供のレントゲンとCTについて 2019/03/22 (Fri) 17:15:57
6才男子母 さま

大分県放射線技師会の相談員です.
この数日暖かい日が続き,桜の開花宣言もちらほら聞こえてきております.
再度お問い合わせいただき誠にありがとうございます.
検査を受けてから不安な日々をお過ごしのことと思います.
ご質問内容を確認させていただきました.
回答に少しお時間いただきたいと思いますが,よろしいでしょうか.
お急ぎのところ誠に申し訳ありません.
ご理解いただきますようお願い申し上げます.

相談員
まつ

CTについて

0 2019/02/23 (Sat) 09:01:29
おはようございます!
不安な事があるので質問させてください!
ここ5年程、極度の心配症で体調に関して敏感で検査を色々してもらったのですが、その際行ってきたレントゲンや、CT検査についてご回答いただければ幸いです。
下記の他に乳癌検診、大腸、胃カメラ等受けてますが被ばくなしと考えていいですよね?

年数がバラバラ曖昧なりますが記憶してる分を書きますね!

H27年、胃のバリウム検査
H25.30年、胸のマンモグラフィ
H27年あたり、胸腹部CT検査
H28年、胸腹部造影剤CT検査
H31年、胸腹部CT検査
(H29.30どちらかの年にもCT検査したような気がします)

H26.27.29.30.つい先日、胸のレントゲン

子供の頭部CT複数回や、日々重なるレントゲン撮影も気になります

これらについて今後の発ガン性などのリスクが心配です、、
私が受けてきた毎年のようなCT検査決して少なくはないですよね?ましてや造影剤も使ってますし、、
100mSvとかゆう数字をよく見ますがこれは今までの合計になりますか?
一度受けた放射線による細胞はどうなるんでしょう、、
すごく心配症なので、調べては心配になるの繰り返しで専門家の方の言葉を聞きたいと思いました。
よろしくお願いします(>_<)
相談員 - Re:CTについて 2019/02/23 (Sat) 16:56:47
まつさま
大分県放射線技師会の相談員です。よろしくお願い致します。
最近5年間に受けてこられた放射線検査による被ばくに対して、身体への影響などが心配で不安がつのっていらっしゃるのですね。目に見えない放射線ですし、ニュースやネットで聴く「放射線」のイメージは怖いものに思えてしまいます。心中お察しいたします。

ご相談にお応えする前胃に、もう少しお話しをお聞かせ願えますか?

> ここ5年程、極度の心配症で体調に関して敏感で検査を色々してもらった

とございましたが、ひとつの医療機関を受診中に、他の医療機関に紹介されて複数の医療機関で検査されたのでしょうか?
または、ひとつの医療機関のみの検査になるのでしょうか?
少し詳細にご提示頂くと助かります。

> 下記の他に乳癌検診、大腸、胃カメラ等受けてますが被ばくなしと考えていいですよね?

乳がん検診については、マンモグラフィはX線を使用します。ですので多少ですが被ばくがあります。
大腸カメラ、胃カメラはおっしゃる通り被ばくは関係しません。

> 子供の頭部CT複数回や、日々重なるレントゲン撮影も気になります

お子様の検査については、検査の介助で同室されたということでしょうか?それともお子様自身の放射線被ばくに対するご心配でしょうか?

> 私が受けてきた毎年のようなCT検査決して少なくはないですよね?ましてや造影剤も使ってますし、、

造影剤のリスクについては、薬品の副作用という視点でのリスクは存在しますが、放射線被ばくとの直接的な関連性はありません。検査の仕組み上で、造影剤を用いない単純CT、造影剤を用いた造影CT(検査の種類によって複数回)の検査を行いますので、回数に応じた被ばくの量は増える事になりますが、造影剤によってそれが増える訳ではありません。


> 100mSvとかゆう数字をよく見ますがこれは今までの合計になりますか?
> 一度受けた放射線による細胞はどうなるんでしょう、、

参考になさっているインターネットサイトがありましたら教えていただけると助かります。

以上、質問の方が多くなってすみませんがよろしくお願い致します。また、こちらの都合で申し訳ございませんが年度末にかかり返事が遅れることがあるかも知れませんが、あらかじめご了承くださいますようお願い致します。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/02/23 (Sat) 18:57:11
お忙しい中、返信ありがとうございます!
病院ですが、マンモグラフィ、胃カメラ、大腸カメラ以外のCTによる検査は全て同じ病院で行なっています!

子供の頭部CTについては子供の被ばくについての心配をしています。
3人子供がいて、それぞれ受けたことがあり、打撲の他、頭痛を訴えることがあったため、多い子供で4回受けてしまってます(>_<)
今怪我をしているので毎週のようにレントゲンを撮る予定でもあります(>_<)その怪我に関して診断するのに1週間で3回程レントゲン撮影もしています。
100mSvについてのネット情報については調べると必然的に出てきたまでです。
100mSv受けた場合確率があがるとかそうゆう内容です。それは今まで受けた放射線量の合計なのかと不安です。
心配症で病院行ったのが、被ばくを繰り返すことによって、かえって不安になってしまってます(>_<)
子供に対しても申し訳ないことをしたと(>_<)
お時間かかっても大丈夫です!
詳しく教えていただければ幸いです(>_<)
相談員 - Re:CTについて 2019/02/24 (Sun) 18:28:38
まつさまへ
お返事ありがとうございます。

まつさまの、マンモグラフィ、胃カメラ、大腸カメラは別の病院で、その他のCT検査は全て同じ病院と言うことですね。

お子さまの検査については、お子さま自身の検査による被ばくを心配されていること。それに3人のお子さまそれぞれが検査を受けておられ 、4回検査を受けたお子さまもいて、現在も毎週通ってると言うことですね。怪我の診断で一週間に3回レントゲンを撮ったことがあるということですね。

ネットを調べると100mSvという数値が検索されて、その値に近付いているのでは?この線量の数値は合計値なのかを含め身体への影響が気になるという不安が出てきた。

ご自身が心配症なとこがあり、ご自身について、お子さまについても、心配になり病院にかかり、結果的に検査による被ばくを繰り返すことによって、かえって不安になっていると言うことですね。

詳しく教えていただきありがとうございます。ひとつずつお話ししていきたいと思います。お子さまのこと、ご自身のこと、どちらからお話ししていきましょうか?
まつ - Re: Re:CTについて 2019/02/24 (Sun) 18:36:23
そうです!
まず子供のことからお願いします!
相談員 - Re:CTについて 2019/02/24 (Sun) 19:47:37
まつさまへ
早々にお返事ありがとうございます。
承知しました。先にお子様のお話しを進めていきましょう。
それでは、お手数をおかけしますが、分かる範囲で構いませんので、上のお子様から順に、どのような経緯(ケガ・病気など)で病院にかかり、どの様な説明を受けて、どの様な検査を受けてこられたかについて教えていただけますか?
また、受診するにあたって、不安に思ったこと疑問に思ったことなどもあわせて教えていただくと助かります。

質問へのお答えは、時間のある時で構いませんよ。掲示板へのアクセスはパソコンからでしょうか?スマホ端末からでしょうか?
お子様の育児などで疲れておられると思います。まずは、ご自身の体調管理を優先していきましょうね。水分を摂って、バランスのとれた食事をとって、そしてしっかり睡眠をとって下さいね。
掲示板へのアクセスは時間を決めて、向き合いましょう。
そして、私事で申し訳ございませんが、私自身も対応できる時間も限られること、および、お子様のことからお話していきますので、少し時間(期間)がかかるかも知れませんが、責任をもって対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/02/24 (Sun) 20:21:21
お忙しい中、これからの対応感謝します(>_<)
まず長男ですが、只今9歳になります。
8ヶ月頃にソファから落ち、当時1人目で何も無知だったため、心配になり自ら検査をお願いしました。2回目は2歳頃に机でおでこを思いっきり打ちすごく大きなたんこぶができ、びっくりしてしまい夜だったのですが、救急を受診しました。その際は病院の判断により検査。
3回目は3歳頃に頭痛を訴えだし、それが続いたため、受診。この時から被ばくに対して抵抗がありましたが、頭痛は初めてだったし、それこそ脳腫瘍などが頭をよぎり検査。結果副鼻腔炎でした。その頃から確か耳鼻科でレントゲン撮影が副鼻腔炎になるたびあったと思います。
4回目は5歳になった頃、幼稚園で泣く程頭が痛いと連絡があり、その時も相談しましたが、もっと受けてる子いるから大丈夫とのことで検査しました。全て違う病院です。それからはCT検査は受けてませんが、足が痛いや、副鼻腔炎で数回レントゲンを撮ってます(>_<)

続いて次男、只今7歳になります。
1回目は1歳頃に団地の外のコンクリート階段7段?ぐらいから落ち、そのまま救急を受診して目の動きなどを見た後検査。
2回目は5.6歳の頃に車のドアを開けた瞬間、頭頂部より落下。様子を見る限り元気だったのですが、その後からしゃっくりをしては止まりが繰り返しあり、受診。
3回目は7歳になり、ついこの前の9月、学校帰りに溝蓋に足が挟まりそのまま転倒、おそらく膝などをついたかもしれませんが、血だらけになり、通りすがりの人が救急車を呼んでくれ、そのまま搬送となり、検査しました。

続いて長女、只今5歳になります。
1回目は1歳前後に、長男の友達(体格のいい子)がおんぶしようとし、できず、そのままその子共々後ろに倒れ、壁の角で後頭部を打ち、少したんこぶと傷ができ、できればCT検査はしたくはないと申したのですが、検査しました。
2回目は、4歳の時に頭を痛がるようなそぶりをしだし、表現が曖昧で、痛いと言ったり、なんか変な感じと言い出したので、受診し、MRIを、希望しましたが難しいだろうとのことでCT検査になりました。

以上になります!後の上2人もやはり、頭痛をゆうことがあり、長男に関しては偏頭痛持ちと診断されましたが、低身長の検査をしないといけないこともあり、2人ともその時はMRIを希望しています。

長々となりましたが、このような感じです。
私の心配症のせいで、子供達にはしなくてもいいような検査をしてしまったことにすごく後悔しています(>_<)
この先もまだこれから怪我もするでしょう、その時にまたCT検査となったらどうしたらいいのだろうとか、この先この子達が今までの被ばくによって脳腫瘍、白血病になってしまうんじゃないかとすごく不安です、、

説明不足もあるかと思いますが、よろしくお願いします(>_<)
まつ - Re: Re: Re:CTについて 2019/02/24 (Sun) 20:50:20
ちなみにスマホ端末からです!
相談員 - Re:CTについて 2019/02/25 (Mon) 18:06:14
まつさまへ

大分県は、春以上のぽかぽか気候に体が付いて行けていない状況です。まつさまの近辺は如何でしょうか?

さて、とても詳細な情報をありがとうございます。
ご相談に対応させていただく前に、まずは、まつさまのお子様たちの記録を読ませていただいて、親としてお子さまに常に向き合い、大変な子育ての中で、必死に取り組まれてこられたことを強く感じました。

お子さまがとても元気で活動されて、きっと親としていつも冷や冷やハラハラの連続なのでしょうね。まつさまの心情は、私自身3人の子を持つ親ですし理解できるような気がします。
また、私自身が男3兄弟の末っ子としてとてもわんぱくな毎日を過ごしていました。頭の切り傷の縫合(4回)、足・手・肋骨等の骨折や捻挫(数え切れません)、けがや切り傷(これも数えきれません)、勿論、頭痛・腹痛・不明熱など内科的な疾患も数えきれないくらいに、私自身で経験しています。ですから入院手術歴のある兄二人の状況を踏まえると、親は大変な思いをしてきたんだろうなぁと感謝の気持ちしかありません。

文章の中に「私の心配症のせいで、子供達にはしなくてもいいような検査をしてしまったことにすごく後悔しています」とありますが、決して後悔するようなことではないと私は思います。病院にかかっていなければ、検査を受けていなければ、かえって不安や後悔が増強していた事もあるかも知れません。

私も3人の子を持つ親と書かせていただきましたが、医療人としてだけでなく、ひとりの親として子供一人ひとりの、けがや痛みに不安になり病院に足を運んでいました。病院にかかることややみくもに検査することを推奨している訳ではなく、不安な場合は自分一人で判断するのではなく、専門家の意見を聞くことは大切なことだと思います。

自分を責めないようにして下さい。まつさまのお子様のけがや痛みに向かう姿勢は、おなじ親として誇りに思えます。自信を持っていいと思いますよ。

今日は、まつさまの大切なメッセージを読ませていただいた、私の思いをお伝えしました。一番聴きたいと思われる放射線検査による被ばくの影響についての説明は、もう少し時間をくださいね。お待たせして申し訳ありません。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/02/25 (Mon) 21:36:37
忙しい中のメッセージありがとうございました!!
読みながら涙してしまう自分がいました、、、
なんてゆうんでしょう、、責められることだけじゃなかったのかなと少し安心したのかもしれません、、(>_<)
子供の頃に怪我などをされたと書いてありましたが、同じようにCT検査とかされたことはありますか?
今それを聞いたところで、、といったかんじなんですが、同じように少しでも検査された方がいたら自分や自分の子供だけじゃないんだなと思えるのかなと思いました、、
そして同じ3人の子育てをされたのですね(^^)
ほんと年が近いので日々大変ですね笑
その分楽しい時はすごくにぎやかですが(^^)
これがいつまでも続くことを日々願いながら生活しています、、

忙しい中何度もすみませんが、またメッセージ待ってます!
よろしくお願いします。
まつ - Re: Re: Re:CTについて 2019/02/27 (Wed) 21:10:03
お忙しいですよね?(>_<)
内容が気になりメッセージしてしまいました、、
相談員 - Re:CTについて 2019/02/28 (Thu) 02:47:39
まつさまへ
不安つのるなかお待たせして申し訳ありません。
医療人でありながら、情けないことに体調を崩したりで、自宅PCの前に座る事ができずにいました。誠に申し訳ありません。少しずつですが、お話しをしながら、気長に進めていきましょうね。

今回は、検査の必要性について少し説明を加えたいと思います。

これまでにご相談を受けてこられた方の多くが、まつさまと同じ悩みをお持ちの方が多く、子供の様子が心配で病院に受診し、医師の指示のまま放射線検査(レントゲン検査やCT検査)を受けて、結果異常なしであった。「検査を受けた分だけ放射線被ばくをしてしまった。私が病院に連れて行かなければ放射線被ばくをしなくて済んだのに、私が子供に無駄な被ばくさせてしまった」と子供の将来を不安に思う気持ちと病院を受診させたご自身への後悔の気持ちで悩み夜も眠れない日々が続いている。だとか、検査が必要な意味は理解しているが、繰り返しの検査に、こんなに繰り返しても大丈夫なのかというご相談が最も多く寄せられています。いずれも、親の気持ちとして、もっともな悩みであると思います。

前回お話しさせて頂きましたように、私や私の兄弟もケガをするたびに検査を受けてきました。私の子供も検査を受けてきました。
私自身が診療放射線技師であることから、子供の検査を私が請け負うこともありました。
勿論、私自身が医療者ですから、外見や本人の痛みの訴えから、骨が折れているかどうか、傷の深さはどうなのものかは、ある程度予測できます。それでも専門医の診断を必要とする場合があります。例えば骨折した部位、骨折の状態、動きのある関節内に骨折があるかどうか、骨は大丈夫でも腱が損傷していないか?など、状況によって予後は異なってきます。

小さな子供のけがは大人に比べると元に戻ろうとする力が強く早く、大人の治癒時間に比べてビックリするほど早く完治します。けれどそれだけに、痛めた部位がどの様な状況なのかを正確に知る必要があります。
その為にはレントゲン検査が必要になることが多いですし、複雑な損傷が疑われる場合には、より正確に状況を把握するために、X線CT検査も必要になります。
MRI検査や超音波検査など、放射線被ばくのない検査機器もありますが、万能ではありませんし一長一短がありますしMRIでもしも検査ができる場合においても、検査時間は比較的長く、少しでも動くと画像にならないため、小さなお子様の場合は睡眠薬を用いることがありますので、そう言う意味では必ずしも無侵襲であるとは言えません。

まつさまが、長男さん、次男さん、長女さんを病院に受診させたタイミングは、きっと私も同じ行動をとっていたに違いありません。お話を聴いてどれも的確な判断であったと思います。

いずれも、外からは見えない病気も疑えます。特に小さい頃には症状の訴えが乏しく、大きな病気を見逃しやすい時期でもありますから、放射線被ばくを伴う検査であっても、被ばくによるリスクよりも診断を見極める必要性のほうがメリットが高いと判断された故の検査であったことが予測されますし、放射線検査を受け持つ私が私がまつさまの立場であったとしても、検査を受けていたと思います。

放射線は目に見えないものであり、ネットで調べると怖いことしか書かれていませんし、余計に怖い文字ばかり気になってしまう、とても不安な気持ちも理解します。

放射線被ばくの量には、水などのように量が存在します。例えばそれは太陽の光のようなものでもあります。赤道直下の日差しで、一度に大量の日焼けをしてしまうと皮膚は重症な火傷を起こしかねません。一方で、適度な日焼けの場合、一度焼けた皮膚も綺麗に元通りになりますし、適量の紫外線は、身体の中で必要なビタミンDを産生する重要な作用を持っています。

放射線検査は確かにリスクがゼロではありません。それは先ほど太陽の光で示したように、放射線の量によって大きく変わってきます。ネットに示されてる多くの数値は、一度に大量の放射線被ばくを全身に受けた場合のデータから導かれたものが主であり、医療に用いる放射線検査は検査を受ける部位を絞った、部分的な被ばくになります。それだけでも、意味合いが大きく変わってきます。

例えば、まつさまご自身も病院にかかって、必要ですよと出されたお薬はきちんと最後まで飲んでいらっしゃると思います。お薬を処方して頂く際に、薬剤師さんからお薬の効き目と飲み方と、副作用についての説明があると思います。
病気を治療するためのお薬ですが、よく効くお薬ほど副作用も存在するのも事実です。しかしその副作用の出現率よりも、病気を治療する必要性を重視しての処方となっていることも事実ですね。
放射線検査のリスクと、お薬のリスクの考え方は同じように思って頂いて構わないと考えます。

すみません、とても長い文章になってしまいました。最後まで読んで下さってありがとうございます。説明のポイントがずれていたらごめんなさい。続けてご質問下さい。お返事がタイムリーでなく申し訳ございません。

最後に、関係ありませんが私の子供は、長女・次女・長男でまつさまと真逆な状況ですが親近感を持てます(*^_^*)すべて成人し県外に出ていますので、お話をお聴きして、子育てに大変な状況であること理解しつつも懐かしくさえ感じてしまいました。ではまた
まつ - Re: Re:CTについて 2019/02/28 (Thu) 12:05:30
体調を崩されていたのですね、、もう大丈夫ですか?
大変な中、返信いただきありがとうございます(>_<)
そうなんです、、検査の必要性は分かる反面、何もなかったら、次はその検査の被ばくに対しての心配、、自分の中でキリがなく、検索魔になってしまう毎日です(>_<)

けど、このようにわかりやすく、必要性の説明等をしていただき、少し安心しました。
被ばく量に関して聞いたところで理解しにくい部分はありますが、頭部CTの被ばく量とゆうものはどのくらいですか?
サイトによっては6.9mSvとかいてあったり3mSvぐらいであったり、10mSvぐらいであったりバラバラで幅広いので、平均的なものを教えてくれると嬉しいです!
よろしくお願いします!
いつもお忙しいところすみません(>_<)
相談員 - Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 08:18:43
まつさま
おはようございます。3月になりましたね。大分は暖かくなりました。菜の花が綺麗に咲きほころんでいます。まつさまの地域はいかがでしょうか?

> 体調を崩されていたのですね、、もう大丈夫ですか?
> 大変な中、返信いただきありがとうございます(>_<)

健康面には日頃から気を付けているつもりですが、身体が付いていかないこともあり情けない思いです。

> そうなんです、、検査の必要性は分かる反面、何もなかったら、次は
> その検査の被ばくに対しての心配、、自分の中でキリがなく、検索魔
> になってしまう毎日です(>_<)

ネットでなんでも検索できてしまいますからね。しかも不安がつのる状況であればやむを得ない状況かと思います。
もしも、今後検索をされる場合には、できるだけ、行政関係や大学関係などの公共機関の検索をお願いしたいと思います。信頼できる研究データをもとに掲載されるページの情報を参考にされることをお薦めします。

> このようにわかりやすく、必要性の説明等をしていただき、少し安心しました。

少しでも不安を軽くできることにお手伝いできて光栄です。

> 被ばく量に関して聞いたところで理解しにくい部分はありますが、
> 頭部CTの被ばく量とゆうものはどのくらいですか?
> サイトによっては6.9mSvとかいてあったり3mSvぐらいであったり、
> 10mSvぐらいであったりバラバラで幅広いので、平均的なものを
> 教えてくれると嬉しいです!

検査による被ばく線量は、統一ではないことが現実です。装置導入の時期、装置の性能も様々ですし、同じ装置、同じ性能、同じ導入時期であっても、施設ごとで導入時に検証を行い診断に最適な撮影条件を定めているのが現状です。
とは言っても、線量を高めれば高めるほど画質は向上しますが、そのような無責任な検証は行いません。反対にどこまで線量を下げてどこまで正確に診断できるかを検証することになります。ですから高い線量の施設が悪くて低い線量の施設が良い!という訳でもありません。
しかも、「最新の国内実態調査結果に基づく 診断参考レベル(DRL)の設定」が作成されて、国内の診断機器の線量をさらに厳格に管理する仕組みができています。
専門的な用語を並べて申し訳ありませんが、このDRLの目的は「個々の患者の被ばくを制限するものではない。患者の体重や体格により、標準的患者よりも高い線量が必要とされる場合があるからである。異常に高い線量を用いている施設を特定し、最適化のプロセスを推進するためのツール」とされており、文章の通り患者さん個々に応じた検査目的に応じた最適な線量管理を行いましょうとされているのが特徴です。
ご提示いただいた3~10mSvのばらつきは、そのような理由が含まれています。参考までに、私の施設での標準体型の頭部CT検査の線量は、大人で5mSv前後となります。装置は10年使用しているタイプになります。

頭部は脳を守るために硬い骨に囲まれていますので、他の部位と異なり少し条件が高くなるのも特徴になります。

今回はこの辺にしておきます。続けてご相談ください。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 08:46:49
おはようございます!
昨日は雨でしたが、こちらも今日は晴れ晴れとしております
(^^)
そうですか、線量にはそのようなバラつきがあるのですね、、
その頭部CTに関して、頭蓋骨で包まれており、腹部等に比べるとあまり線量を浴びないと書いてある記事や、やはりよく目にするのは、子供の場合感受性が高いので、もろに被ばくを受けやすいとの記事もみます。
正解としてはどう解釈したらいいですか?
それと繰り返す被ばくによってそれは蓄積されてますか?
回復し、ゼロと考えて、ほかのCT検査を受けていない、もしくは、回数の少ない子と同じように考えてもいいものですか?
質問ばかりすみません(>_<)
相談員 - Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 17:19:22
お天気に恵まれて何よりです
雨も適量に必要ですが、晴れるとやはり清々しいですね^^

> 頭部CTに関して、頭蓋骨で包まれており、腹部等に比べるとあまり線量
> を浴びないと書いてある記事

頭部CT検査は、どの部位を観察するかによって用いる線量を調整します。きわめて表面を観察するだけとか、骨の状態を観察するだけであれば、さほど線量は必要ありません。眼窩周辺や副鼻腔の観察についても同様に線量を抑えた検査が可能です。しかし、脳実質の状態を観察するとなると、ある程度の線量が必要になります。副鼻腔と脳の状態を一緒に診断するとなると、脳の条件に合わせて検査する場合があります。
近年の装置は(当施設の10年過ぎる装置においても)目的部位に最適な検査条件をあらかじめ登録しておくことで、体格や部位に応じて自動的に検出し線量の調整をコントロールするシステムが搭載されています。被ばく線量をできるだけ最適化することが目的のシステムになります。

> 子供の場合感受性が高いので、もろに被ばくを受けやすいとの記事

大人に比べると子供のほうが放射線感受性が高いのはその通りです。成人に比べて臓器の細胞分裂のスピードが速いことが要因の一つとして考えられます。また、成人の生存期間に比べて、子供の生存期間は当たり前に長い期間となります。そのような意味からも成人に比べて発病する可能性のある期間が長いことも要因となっています。

> それと繰り返す被ばくによってそれは蓄積されてますか?

診断用のレントゲン検査や、CT検査などの放射線は体に蓄積することはありません。
一方で、検査の経験はないと思われますが、RI検査と言って、放射線同位元素という放射線を放出する物質をお薬と結合させて、体内に注入する検査については、一時的に体内に残りますが、放射線物質そのものの物理学的な半減期といって自然に減衰していく効果と、体内から尿などとして排出され減衰する生物学的に半減期があり、いつまでも体内に残るものではありません。

> 回復し、ゼロと考えて、ほかのCT検査を受けていない、もしくは、
> 回数の少ない子と同じように考えてもいいものですか?

基本的には、もしも放射線の影響で細胞が傷ついたとしても、直ちに悪性のものに変化することはありません。体は元に戻ろうとする素晴らしい力があり、傷んだ細胞は新しい細胞に入れ替わり元に戻ります。放射線の影響を受けてガン化するまでには、たくさんの行程をたどる必要があるとされています。それだけに、低線量の放射線による影響の確率はとても低いものになるといわれています。

ただしリスクがゼロであるとは言えません。通常の医学に用いる放射線の線量では考えられないほど、きわめてたくさんの被ばくを受けた場合に、身体に影響が出ることは分かっています。単純な確率計算はできませんが、不必要に被ばくを繰り返すのはできるだけ避けることも必要です。先に説明させていただいた通りに、よく効くお薬も飲み続けると体にとっては毒になりかねません。用法容量をきちんと守ることが、しっかり病気を治療することになります。勿論、素人判断で完治したと思ってお薬をやめてしまうと病気を悪化させることもあります。そこはご注意ください。

論点があちこちになって分かりにくい文章になってしまっているような?

お伝えしたいことは、数回検査を繰り返したとしても、身体への影響として将来的に病気を発症するようなことは、ほぼないと考えられます。しかし、放射線被ばくを受けていることは間違いないため、不必要に放射線検査を繰り返すのは好ましくないといえるでしょう。

勿論、私ども診療放射線技師は、その影響を少しでも減らしたいと思い、被ばく低減への努力は惜しみませんし、機器製造業者さんも日進月歩で被ばく線量低減を可能とした新装置を開発しています。

私自身が子供のころ受けていた頃より、現在の検査による被ばく線量は格段に低くなっています。そこも安心材料として理解していただけるのではないでしょうか。

ただし、放射線検査を恐れて病院にかかるのを躊躇することはないようにお願いします。病院にかかったからといて必ず検査を行う訳ではありません。症状の訴えを、身体観察、触診・打診・聴診などから、ある程度診断していきますし、血液検査やレントゲン検査は、それらで予測した病気を決定(否定)するための手段となります。情報は多いほど確実な診断となります。

そのためには、痛めたときの状況、その時のお子さんの様子、その後の経過、痛みの続いた時間、痛み出現の様子など、お子さまと親御さんにしかわからない情報があります。それらをメモなどに書き留めて医師にお話ししながら提示すると、的確な診断に役立つ場合があります。これも不必要な検査を受けなくて済むポイントになります。

> 質問ばかりすみません(>_<)

いえいえ、質問を受けるのがこの掲示板の目的です(*^^*)
気軽にご相談ください。ではまた
まつ - Re: Re: Re: Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 19:56:24
重ね重ね、丁寧にご説明いただきありがとうございます!
今まで受けてしまった検査はその時には必要だった検査だとゆうことにほんの少しの自信を持って、これからは不必要な検査はなるべく控えて、子供のことをちゃんと守っていこうと思います(>_<)
親身になっていただきありがとうございました!!

続いて、私自身の検査内容についても同じような答えかもしれませんが、もう少しだけ教えていただけると幸いです!
よろしくお願いします。
なお当初に記載した検査回数について、少し違いがあったかもしれないので、もう一度送っておきます!
まつ - Re: Re: Re: Re: Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 20:01:26
H27年、胃のバリウム検査
H25.30年、胸のマンモグラフィ
H27年春と秋 胸腹部CT検査
H28年秋 胸腹部造影剤CT検査
H31年1月 胸腹部CT検査
(H29.30どちらかの年にもCT検査しているかもしれません)

定期検診のため今年5月にマンモグラフィ予定

以上です!
相談員 - Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 20:40:00
まつさまへ
こんばんは。お返事ありがとうございます。

> 今まで受けてしまった検査はその時には必要だった検査だとゆうことに
> ほんの少しの自信を持って、これからは不必要な検査はなるべく控えて、
> 子供のことをちゃんと守っていこうと思います

お子さまのことをしっかり守ってらっしゃいますよ。
ほんの少しとかでなく、十分に自信を持ってください(*^^*)

さて、まつさまご自身へのお答えをする前に、もう少し情報をいただけますか?お話ししにくい点があれば、無理されなくてもかまいませんよ。

1.定期検診について
 まつさまはどちらかにお勤めでいらっしゃいますか?
 「定期検診」とは、職場の検診でしょうか?
 それとも住民健診などで個人的に受診されているのでしょうか?

2.マンモグラフィについて
 平成25年、平成30年と5年明けて受診なさっていて、
 今回1年後の受診は経過観察でしょうか?

3.胸腹部CTについて
 平成27年の胸腹部CTは、春と秋に2回検査したということですね。
 平成28年の造影剤を用いた胸腹部CTは、前回のフォローアップですか?
 今年1月の検査も経過観察なのでしょうか?
 いずれにしても、単純胸腹部CTを4回ほど、造影CTを1回検査されたということですね。
 造影剤を用いた検査の時に、何回検査したか覚えていらっしゃいますか?
 (例)単純1回+造影2回=合計3回 など明確であれば教えてください。

以上、時間のある時で構いません。
その時の症状・状況・医師の説明や技師の説明、診断結果など可能な範囲で構いませんのでご教示お願い致します。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/03/01 (Fri) 21:48:57
1、職場からとかではなく、個人的に症状があり、心配だったので検査をしてもらってます。

2、マンモグラフィに関しては1度目は妊娠初期だった頃にシコリを見つけ検査になりました。結果問題はありませんでした。
H30に検査した際も別の症状で受診し、検査の流れとしてマンモグラフィ、エコーとなりました。そしてエコーにてシコリを発見し、良性ですが、経過観察中とゆうことで、一年経つので次回もしましょうとのことです。

3、まず最初にCTをした時は背中の痛みがあり、内臓からではないかと思い検査、秋にしたのは別の病院で、虫垂炎の疑いで同じ病院を紹介され検査になりました。
造影剤の検査はその時期、自分的にすごく体調が思わしくなく、逆流性食道炎とかも重なり、体重減少もありで、希望して造影CTをしてもらいました。
今年に入ってからの検査は胃腸の調子が悪かったので大腸カメラ希望で受診したのですが、あまり説明をきちんと聞かないままCT検査も進められ受けてしまった感じです(>_<)
造影剤を使った検査に関して、あまり覚えてなく、最初から造影剤を入れて撮ったような記憶があります。
ただ明細書には 胸部~腹部
CT撮影(64列以上マルチスライス)
2回目以降減算 CT MRI
造影剤使用加算 CT
電子画像管理加算 コンピューター診断料

等の項目で書かれてありました。それだけでは分からないですよね、、
どうぞよろしくお願いします(>_<)
相談員 - Re: CTについて 2019/03/02 (Sat) 18:48:36
まつさまへ
お返事ありがとうございます。今日の大分は曇り日和でしたが温かく上着に悩む一日でした。春の足音が聞こえてきてますね。

マンモグラフィ検査の経緯理解できました。情報提供をありがとうございます。
今回は、マンモグラフィ検査について私のお伝えできる範囲でお答えしますね。

初回のしこりは問題なしで、2回目にマンモグラフィとエコー検査を行いエコーでしこりを発見され1年後の経過観察目的ということですね。良性ということですから検査結果によって、変化がなければ経過を追う期間を2~3年にすることもありますし、経過を見なくてよい可能性もあります。もしも、少しでも変化があれば、また1年後となるかも知れませんが、次回検査も含めてエコー検査のみの可能性もありますね。

担当医とお話しする際に説明があると思いますが、マンモグラフィ検査とエコー検査にはそれぞれ特徴があり、しこりの種類によってはマンモグラフィ検査では観察しづらくエコー検査で判別できるものや、両方使わないと判別できないもの、反対にマンモグラフィ検査のほうがよく判別できるものがあります。経過を追う目的によって使い分けると思います。通常の健康診断の目的であれば、マンモグラフィ検査とエコー検査を1年おきに受けるところもあるようです。

私は現在は行っていませんが、乳腺エコー検査も担当していた経緯があります。その当時(十数年前…)でもエコー検査によってある程度の見極めができる画質でしたし、現在の超音波装置の性能はまさに日進月歩で、診断の決め手となる画質も向上していますし、しこりの硬さや柔らかさの質的評価もできるようになっています。装置メーカーさんの努力はすごいなぁと思います。

特に、日本人女性の若い方に多いのですが「デンスブレスト(高濃度乳腺)」と言いまして、乳腺がよく発達した乳房のタイプが多くマンモグラフィ検査ではしこりの判別が難しい場合もあります。既にICTの発達で診断をサポートする仕組みも出てきてはいますが、そのようなタイプの乳腺の検査には超音波検査を加えて診断することが大切であると言われています。2回目の検査が、マンモグラフィ検査とエコー検査を併用したのはそういう理由があります。

マンモグラフィ検査の被ばくはごく少ない線量ではありますが、それでも被ばくは伴います。その被ばくによって将来、白血病や発がんのなど、身体に影響が出るほどの量ではありません。
とは言え、被ばくが気になり逆に不安を増強するのは健康診断目的としては本末転倒ですので、主治医とご相談されて、今後の経過観察について納得のいく方法を決めていただくことをお薦めいたします。

今回は、マンモグラフィ検査と乳腺エコー検査についてお話させていただきました。ここまででご質問があれば続けでどうぞ。
まつ - Re: Re: CTについて 2019/03/02 (Sat) 20:22:47
詳しくご説明ありがとうございました!
エコーは今3ヶ月おきにしてもらってます!
それから半年おきになるのかなと思ってます!
先日3ヶ月の定期検診だったので、みてもらい、前のしこり(繊維線腫)はほんの少し小さく小さくなってるねとのことでした!
ただ、もう片方の胸にもしこりのようなものを自分で見つけたので、それも細胞診をし、繊維線腫とのことでした!
それから3ヶ月後にマンモグラフィとエコーをしましょうとのことで、抵抗がある旨は軽く伝えたのですが、一年前だし、エコーではわからない癌もあるからね、被ばく量はCTに比べて少ないからと説明されました、、
一応予約はしてありますが、こんなに定期的にエコーで観察してもらってるのに本当にマンモグラフィが必要なのかと少し躊躇しています(>_<)

あとCT検査についてですが、病院に年度を問い合わせることができたので、書いておきます。
2015.2 CT胸部腹部
2015.11 CT腹部
2016.9 造影CT胸部腹部
2019.1 CT腹部
でした。窓口だったため、造影CTに関しては詳しく回数などが聞けていません(>_<) 造影CTをネットで調べるとダイナミックCTとゆう言葉も出てきましたが、私もこれにあたりますか?そうだとしたら明細書にはダイナミックCTと記載されてるもんなんでしょうか?
不明な点が多いかと思いますが、引き続きよろしくお願いします。

相談員 - Re:CTについて 2019/03/03 (Sun) 13:45:27
まつさまへ
担当医のおっしゃる「エコーではわからないがんもある」については確かにその通りです。両方の装置に一長一短があります。

マンモグラフィ検査は、がんの発生に伴う微細な石灰化を含め色小名石灰化の性状を表現することが得意な装置です。石灰化だけでなくいろんなものを画像化しますが、それを撮影する技術と画像を作る精度管理と画像を読影する高い診断力も必要とします。

エコー装置は微細な石灰化も表現できる装置も出ていますが、腫瘍の周囲の構造、形状、硬さ、血液の流れなどを表現できる装置になります。これも勿論、検査を行う高い技術が必要で、装置の精度管理、高い読影力診断力が求められます。

短期的な経過観察はエコーで行い、長期的な経過観察はマンモグラフィを追加することが、私自身も望ましいと思っています。身内や知人からの相談を受けた時も同じように答えています。

繊維腺腫そのものは良性の腫瘍ですので心配いりません。ただしごく稀に、繊維腺腫に隠れる形で悪性の腫瘍が見つかる場合があります。主治医の先生はそれを心配されているのではないでしょうか?この辺も再診の際にお話しできるといいですね。

CT検査について、追加情報ありがとうございます。
ここからはCT検査についてお話ししますね。またもや文章が長くなりそうですが…。

ダイナミックCTにつきましては、造影剤を血管に注入した後に、同じ部位を繰り返し撮影し経時的変化を観察する方法になります。CT装置版の血管造影検査のようなもので、臓器や目的とする個所にどのようなタイミングで造影剤が流れてきて、どの様なタイミングで造影剤を洗い流されていくかを画像化する検査となり、精密検査の分類に入ります。64列のマルチスライスCT装置を用いていることもあり、おそらくは追加施行はされていないと感じます。

CT検査の放射線被ばくは、他の検査に比べて大きいと表記されることが多いので不安が募ると思いますが、それだけ正確な診断医必要な検査であったことが、お話しから伺えてきます。

胃カメラや大腸カメラの検査も大切な検査になります。直接的に腸内の粘膜の様子を観察できる検査になりますし、ポリープなどの所見があれば直接切り取ることが可能な検査になります。もちろんこの検査も上級な技術が必要です。エコー検査同様に検査中に診断をつけて行く診断力が必要ですし、ファイバーを自在に操る高度な技術が必要となります。

正解は主治医に聴いてみないと分かりません。想像になって申し訳ありませんが、CT検査を選択された理由として考えられるのは、前回の単純CT検査や造影CT検査の画像データがあることから、比較検査ができるという理由があったのではないでしょうか?そのうえで、必要であれば大腸検査を追加しようと考えられたのではないでしょうか?

CT検査は大腸ファイバー検査と異なり、腸の粘膜表面だけでなく断面や周囲の臓器との関係、リンパの状態なども一緒に観察できます。体重減少にもいろんな原因が考えられるため、それらの可能性を探る、あるいは否定するための検査であったのではないかと思われます。

当院の装置(GE社製16列マルチスライスCT装置納入後10年経過)で、女性の標準体型でシミュレーションした場合において、造影CT検査で(単純1回+造影2回=3回撮影)にて、感受性の高い卵巣への被ばくを見積もった時に30mGy程度になります。まつさまの検査には64列マルチスライスCTを用いていますし、それよりも低い線量であることが予測されます。

被ばくの影響についてはお子様の検査の時に説明させて頂いた通りになります。蓄積することはありません。64列マルチスライスCT装置にも色んなメーカーや装置の種類がありますし、左記に説明させて頂いた通り施設で定める適正条件がありますので、具体的な被ばく線量の計算はできませんが、その被ばくの量によって将来的に身体に影響をおよぼすような数値に至ることはありません。

以上、ご説明させて頂きました。ご相談は続けてどうぞ
まつ - Re: Re:CTについて 2019/03/03 (Sun) 17:11:26
詳しくご説明ありがとうございます!
乳癌検診に関してはおそらく、今後も繊維線腫があるためアフターフォローしていただけるのかなと思っています!
それは半年あるいは一年は不安なので半年おきにしてほしい旨は伝えていこうと思ってます!
マンモグラフィに関して長期の観察と書いてありましたが、それは一年に一度でもいいのですか?ネットには40歳なったら2年に一度、エコーは1年に一度と書いてあったので、私自身今年35になるのですが、1年に一度は多いような気がして^_^;
被ばく量としては3mSvといったところでしょうか?

あとCTに関してですが、私が行った造影CTとゆうのはやはり3回は撮影していると(普通のCT検査3回分)とゆうことですか?
2回分だと思っていたので多くてビックリしました(>_<)
年に1、2回なら大丈夫とゆうのはよく聞きますが、これは毎年のように連続してそれだけの回数を受けたとしても問題ないとゆうことですか?

あと今更ながらですが、先程の文章に30mGyと書いてありましたが、それはmSvにしたらどのくらいですか?
mGyとmSvとの違いもいまいち分かってない状態です(>_<)
そこを教えていただけると幸いです!
相談員 - Re:CTについて 2019/03/03 (Sun) 17:55:51
まつさまへ
今日は一日雨模様で、愛犬の散歩も近場で済ませています(*^_^*)

先ずはマンモグラフィ検査を含めた乳がん検診についてになりますが、何も所見の無い方については、おっしゃる通りに40歳以上の乳がん検診で2年に一度の間隔で構わないと思います。しかし、まつさまの場合は現状は繊維腺腫を含めたフォローアップ検診になるので、最初の内は一般の方よりは近い間隔になるかも知れません。担当の先生とよく話し合って、納得のいく期間を定めた方が賢明だと思います。被ばくの量は、吸収線量で示すとGy(グレイ)で示され、およそ2mGy程度ではないかと推測されます。Sv(シーベルト)で表す場合にいは、放射線加重係数と組織加重係数というものをかけなければならず(難しいのに分かり難くてごめんなさい)前者が1、後者が0.12なので0.24mSv程度になると思われます。現在の職務が乳腺を専門としていないので、使用している文献に誤差があるかも知れません。

CT検査に関してですが、造影CT検査が3回であるかどうかは、問い合わせてみないと実際は分かりません。あくまでも当施設で行ったことを想定した計算になります。

> 毎年のように連続してそれだけの回数を受けたとしても問題ないとゆうことですか?

必要な検査を必要な時に実施していない方が、病気の発生によるリスクが高いと思われます。検査を受けないことへのリスクと、検査を受けた場合の放射線と造影剤のリスクを兼ね合わせての判断になっています。

> 先程の文章に30mGyと書いてありましたが、それはmSvにしたらどのくらいですか?

mGyとmSvの説明をしようと思うと、とてつも長い文章になるような気がするので割愛します…。先ほどの30mGyは卵巣組織への吸収線量です。あくまでもシミュレーションソフトを用いた計算値であることを踏まえて、かつ3回検査を受けたことを考慮して、胸部から骨盤部までの実行線量として33mSv程度が想定されます。

以上になります。専門用語をあまり使うことなく説明したいのですが、解り辛くなって申し訳ありません。
まつ - Re: Re:CTについて 2019/03/03 (Sun) 19:54:01
マンモグラフィの件もエコーと同様にアフターフォローすべき人にはそのような検査間隔になること理解しました!
0.24mSvとゆうことはCT検査とゆうより、レントゲンレベルと思っていいですか?
3mSvと書いてあるのも見ました。
吸収率がGyと表わすのであれば、mSvを実行線量、その中でどれくらい体に一度吸収するのがmGy。mGyの線量を気にかけたらいいですか?

一度に?100mSv浴びると〇〇になる確率が何倍上がるなどゆう記事をよく見るのでmSvを気にしたほうがいいのかなと思ってるのですが、また違いますか?
素人が聞いたところで、とても理解できないことだと思いますが^_^;
造影CT33mSvもあるんですね(>_<)
けど100mSvには達していない、かつ、その線量は蓄積されず0ではないが回復するとゆうことですよね?
卵巣組織に対しての吸収率を書いてありましたが、それは卵巣組織が一番被ばくするからですか?他の臓器に癌細胞、白血病にはそこまで重視する必要はないとゆうことですか?
またまた質問ばかりすみません(>_<)
相談員 - Re:CTについて 2019/03/05 (Tue) 10:05:45
まつさまへ
おはようございます。今日の大分は雲ひとつない快晴です。…が、花粉症の私達にとってはキツイ一日になるかもです(´;ω;`)ウゥゥ

>マンモグラフィの件もエコーと同様にアフターフォローすべき人にはそのような検査間隔になること理解しました!
>0.24mSvとゆうことはCT検査とゆうより、レントゲンレベルと思っていいですか?

そのように思っていただいて間違いありません。

>3mSvと書いてあるのも見ました。
>吸収率がGyと表わすのであれば、mSvを実行線量、その中でどれくらい
>体に一度吸収するのがmGy。mGyの線量を気にかけたらいいですか?

いろんな表記がありますので悩みますね。私は、日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインをもとにお話しさせていただいています。
https://jbcs.gr.jp/guidline/

>一度に?100mSv浴びると〇〇になる確率が何倍上がるなどゆう記事を
>よく見るのでmSvを気にしたほうがいいのかなと思ってるのですが、

そうですね。mSvの単位も良く説明に使われていますので混乱してしまいますね。
日本科学未来館のホームページに分かり易く説明されています。
質問: グレイとシーベルトの違いは?
https://www.miraikan.jst.go.jp/sp/case311/home/docs/radioactivity/1104181598/index.html

また、少し専門用語が多くて分かりづらいかも知れませんが、大分県のホームページに私どもの仲間が情報を掲載していますので、参考にされてはいかがでしょうか。
http://www.pref.oita.jp/site/tobuhc/housyasenn.html

>造影CT33mSvもあるんですね
>けど100mSvには達していない、かつ、その線量は蓄積されず
>0ではないが回復するとゆうことですよね?

そうですね、そのように思っていただいても良いと思います。
数値は当施設で、3回撮影した場合の推定値になります。64列マルチスライスCTであれば更に低い線量であることが推測されます。

>卵巣組織に対しての吸収率を書いてありましたが、
>それは卵巣組織が一番被ばくするからですか?

放射線感受性が高い代表の臓器として記載しました。検査の種類や検査部位によって各臓器の被ばく線量は異なってきます。
今回の説明は、他力本願?ぽくなっていしまいました。すみません。不明な点は続けてどうぞ。
相談員 - Re: CTについて 2019/03/07 (Thu) 09:40:21
まつさまへ
今日の大分は気温のわりに肌寒い朝を迎えています。
放射線検査に関わる被ばくについての不安は、少しは和らいだでしょうか?
何よりも、まつさまご自身の体調管理に気を付けてくださいね。
バランスのとれた食事、適量の水分補給、適度な運動、適度な日光浴、そして十分な睡眠をとって下さいね。
不明な点は気軽にご相談ください。
まつ - Re: Re: CTについて 2019/03/07 (Thu) 23:15:07
お返事いただいていたのに、返せてなくてすみません(>_<)
送っていただいたURLを読んだり、色々説明してくださったことに少し不安は和らぎました!!

自分の中でのまとめとして、マンモグラフィ、他子供や、自身のレントゲン撮影に関してはそこまで回数を気にすることなく、病状に応じて撮ってもいいとゆうこと。
子供の頭部CT、自身のCTに関してはレントゲンより多くはなるが間隔があいていれば1年のうち2、3回であってもその間に被ばくした部分は回復し、シーベルトの値を合算しなくても大丈夫とゆうことでいいですか?

きっとその時、これらの検査をしていなければ、何かあれば発見が遅れるだろうし、心配を拭うことができなかったと自分でも理解しています(>_<)
こうして、専門の方の話が聞くことができて、親身になってくれて本当に感謝しています!!
ありがとうございました!!
相談員 - Re:CTについて 2019/03/10 (Sun) 10:09:58
まつさまへ
お返事のタイミングが後手後手となり、リアルタイムに返せず申し訳ありません。
ほんの少しでも不安が和らいだことにお手伝いできていることが嬉しく思います。

> マンモグラフィ、他子供や、自身のレントゲン撮影に関しては
> そこまで回数を気にすることなく、病状に応じて撮ってもいいと
> ゆうこと。

考え方を整理されてみたのですね。すごい取り組みですね。「病状に応じて」というところが大切なポイントですね。放射線被ばくをともなうことは事実ですから、正確な診断と治療にどこまで必要な検査であるのか、被ばくを伴わない検査で代用できるものが無いのか、などを常に担当の先生とお話しできるように、あらかじめメモをとっていくなどして頑張って下さい。

もしも、主治医の診断の際にお話しするタイミングがつかめなかったりした場合には、検査を受ける前に担当する診療放射線技師や看護師さんにご相談されるのもありです。

> 子供の頭部CT、自身のCTに関してはレントゲンより多くはなるが
> 間隔があいていれば1年のうち2、3回であってもその間に被ばく
> した部分は回復し、シーベルトの値を合算しなくても大丈夫とゆ
> うことでいいですか?

症状によっては間隔が近くても施行することがあります。医師が必要だと判断する検査は受けることをお勧めします。的確な診断による最適な治療を受ける目的があります。例えば投薬の量を減らすことにつながる検査になる場合もありますので。
しかし、先ほどもお伝えした通り放射線の被ばくは伴います。その都度不安にならないためにも、正確な診断と治療にどこまで必要な検査であるのか、被ばくを伴わない検査で代用できるものが無いのか、などを常に担当の先生とじっくりお話しできるように、あらかじめメモをとっていくなど準備していきましょうね。

> きっとその時、これらの検査をしていなければ、何かあれば発見が
> 遅れるだろうし、心配を拭うことができなかったと自分でも理解し
> ています(>_<)

ここにご相談に来られる親御さんのほとんどが、まつさまと同じ悩み不安を抱えて相談されます。きっと皆さん同じ気持ちで、検査の必要性は理解できていても、検査の結果は異状なしで、私が子供に無駄な被ばくを与えてしまったと後悔されることが多いようです。

それでもあとあとから考えると、おっしゃるように「何かあれば発見が遅れるだろう」と思える気持ちもあると思います。それだけお子様の健康面に真っすぐ向き合っていらっしゃる証拠ですね。

まつさまのように、お子様の健康に対して真剣に向き合っている親御さんがいることを、とても微笑ましく頼もしく思えます。そんなまつさまを、ささやかではありますが応援しています。いつでも気軽にご相談ください。
りゅう

子供のレントゲンについて

0 2019/02/19 (Tue) 21:29:53
過去にも何度かお世話になってます!
この度ですが、9歳の息子についての相談で、一月に耳鼻科にて副鼻腔炎でレントゲンを撮り、今週あたりにもう一度撮る予定になっています!
更に、先週、足首の靭帯の方を損傷してしまい、その日にレントゲン、次の日にかけてしまい、もう一度レントゲン、そして本日シーネからギプスになり、明日調子を見てレントゲンを撮るらしいのですが、こんなにも短期間でレントゲンを撮って被曝の方が心配です(>_<)
過去にも頭部CT数回、レントゲンも何度も撮っています!
返信の方よろしくお願いします(>_<)
相談員 - Re:子供のレントゲンについて 2019/02/20 (Wed) 06:39:42
りゅう 様

大分県放射線技師会の相談員です.
ご相談ありがとうございます.
東日本では雪で大変な状況となっている中,
大分県は例年になく雪が降らず温暖化の影響か,,,戸惑っている今日この頃です.
さて,ご質問承りました.
回答に少々お時間をいただいてもよいでしょうか.
ご心配の中,誠に申し訳ありません.
どうぞよろしくお願い申し上げます.
相談員 - Re:子供のレントゲンについて 2019/02/20 (Wed) 09:40:22
りゅう 様

相談員です.
前回のご相談では対応が遅れまして誠に申し訳ありませんでした.
その後はいかがだったのでしょうか.気になっておりますので可能であれば教えていただけないでしょうか.
前回もお伝えいたしましたが,放射線のリスクがあることは事実ですが,他のリスクとさほど差はありません.
一部報道によりリスクが大きく取り上げられていますが,ご心配いらない程度と考えます.

今回放射線検査による被ばく線量も影響が出るほどではありません.むしろ検査を受けたことによって病状が把握でき安心なされたところもあると思います.放射線は必ずリスクは伴いますので,利益を得られたことに目を向けることが大切です.何度も申しますが,これまでの放射線検査による影響はありませんので,どうぞご安心なされてください.

以上となります.
どうぞよろしくお願い申し上げます.

相談員
りゅう - Re: Re:子供のレントゲンについて 2019/02/20 (Wed) 16:23:14
返信ありがとうございます!
やはり今日整形外科にてレントゲンを撮りました!
一昨年も腕の靭帯損傷でレントゲンを1か月のうち2回は撮っています!
ほかにも膝が痛い時や、歯医者、耳鼻科諸々です(>_<)
今回は1週間のうちに3回撮っていますよね、、それがとても気になります(>_<)
耳鼻科に行く際も撮るかもしれないと思うととても不安です(>_<)
りゅう - Re: Re: Re:子供のレントゲンについて 2019/02/20 (Wed) 16:47:36
ちなみにギプスは今のところ3週間程らしいです!
来週も病院には行きます!
毎週かは分かりませんがまたレントゲンを撮るといっていました(>_<)
そんな毎週撮るものなのかなと思ったり(>_<)
相談員 - Re: 子供のレントゲンについて 2019/02/21 (Thu) 11:48:32
りゅう 様

相談員です.
お子様が受けている検査は,レントゲンということなので,被ばく線量も微量です.何度も検査していると心配になるかと思いますが,影響はないと思います.むしろ頻繁に検査が必要なほどお子様の足の状態はよくなかったと解釈できると思いますので,慎重に経過観察をしているのではないでしょうか.主治医の先生に頻繁に検査をする事についてご説明を聞かれても良いと思いますよ.こういったことはコミュニケーションが大切ですので,病状のことなど聞かれているとは思いますが,聞かれてみてはいかがでしょうか.
りゅう - Re: Re: 子供のレントゲンについて 2019/02/21 (Thu) 14:42:08
すみません、お忙しい中わざわざ対応していただいてるのは重々承知の上ですが、他の方への返信文と比べて、少し不安が拭いきれないといいますか、、すみません(>_<)
主治医には何度も撮るのが少し抵抗がある旨は伝えてありますが、必要だからとゆう回答でした。
今後ももちろん、かよわないといけないのて゛、、
あと、過去の事になりますが、頭を打った、頭痛を訴えることが頻繁にあったため、8か月あたりから5歳ぐらいにかけて(今9歳)頭部CT検査を4回程受けています(>_<)
この辺りも当時から今にかけてもふと気になってます(>_<)
少し撮りすぎですよね?やはり全く撮っていないコと比べては、将来的リスクはありますか?
度々すみません(>_<)
相談員 - Re:子供のレントゲンについて 2019/02/22 (Fri) 12:39:59
りゅう 様

相談員です.
検査の回数について,多い少ないは打撲等の程度によりますのでなんとも言い難いですね.小児の軽度頭部外傷について指針がありますが,これはあくまでも指針なので医療施設によりますので必ずしも指針通りにはいかないところもあります.難しいところです.
CT検査を受ける事についてはリスクはありますが,他の一般的に生活の中で我々が経験しているリスクとあまり変わらない程度ですのでどうぞご安心なされてください.

それと,私の回答が悪い印象を与えてしまったようで誠に申し訳ありませんでした.

以上です.

相談員
にしなが

腹部造影CTについて

0 2019/02/19 (Tue) 10:03:45
来週 造影剤使用による腹部CT検査の予定があります。3ヶ月前に腰椎レントゲン(2回撮影)4ヶ月前に鼻腔検査のため頭部CTを受けています。
短期間での検査になり被曝に関して心配になっています。
検査の必要性は理解しているつもりですがやはり不安です。ご教示よろしく
お願いいたします。
相談員 - Re:腹部造影CTについて 2019/02/19 (Tue) 14:10:28
にしながさま
大分県放射線技師会の相談員です。よろしくお願いいたします。
腹部造影CT検査が来週にせまり、また、検査の必要性は理解されていても、これまで受けてこられた検査による放射線被ばくのこともあり、体への影響が不安になられているのですね。目に見えない放射線ですから、余計にそう思えてしまうのかも知れませんね。
放射線被ばくによる影響は全くありませんよなどと、放射線安心神話を語るつもりはございませんが、医療用の放射線検査による被ばくは少ない量であること、一般の検査に比べて線量が高いといわれるCT検査については、前回頭部、今回は腹部であることから部位が異なっていること、などを含めても直接的に身体への影響が表れる数値ではない事を、まず説明させていただきます。
にしながさんの仰る通り、検査の必要性をあらかじめご理解いただくことはとても大切なことです。もしも少しでも不安なことがあれば、検査をお受けになる病院の担当者に、事前に説明を受けられることをおすすめ致します。
本日はここまでとさせていただきますが、具体的に不安に感じられていることや、不明な点につきましては気軽にご相談ください。
にしなが - Re:腹部造影CTについて 2019/02/19 (Tue) 14:41:30
早速のご返信ありがとうございます。
頭部CTの影響は心配ないとのこと了解いたしました。
3ヶ月前の腰椎レントゲンも含めて問題なしと理解してよろしい
のでしょうか?腰椎レントゲンは相当の被曝になると聞いたことがあり、
不安です。よろしくお願いいたします。




相談員 - Re: 腹部造影CTについて 2019/02/19 (Tue) 20:21:18
お返事ありがとうございます。
仰る通りに、胸部レントゲン検査などに比べると、腰椎のレントゲン検査は放射線の量が大きくなります。
これは、レントゲンを発生する装置である、Ⅹ線管球に与える管電圧、管電流、時間などの検査を行うための条件設定が、検査を行う体の厚みや構造によって増減する必要があるためです。そのため腰椎の正面撮影よりも横から観察する側面撮影のほうが条件設定は大きくなりますので、伴って放射線の量も増えることになります。とは言いましても、それほど大きな線量ではありません。
放射線診断に用いるⅩ線などの放射線は、体内に蓄積される訳ではありません。検査の必要性をご理解いただいていますように、被ばくに伴うリスクよりも検査を受けることによる診断情報によって、的確な治療を受けることができること、また反対に不要な治療を避けることが期待できます。
勿論、放射線診断だけに限らず、すべての医療行為に対して言えることですが、今必要なことなのか、他に手段はないのかなど、できるだけ担当医や検査スタッフとお話をされ、ご自身が十分に納得したうえで受けていただくことを、ひとりの医療スタッフとして望みます。
忙しくしている医療者相手に、なかなか切り出しにくい環境かも知れませんが、あらかじめ不安なこと、聞きたいことをメモしておくなどして提示することも一つの方法です。これは私も私の家族もよく使う手です。
医療スタッフは説明する義務がありますし、検査や診療行為を受ける患者さんは、説明を受ける権利があります。
質問の答えになっていますでしょうか?
今回はここまでとしておきます。ご質問があれば続けてどうぞ!
にしなが - Re:腹部造影CTについて 2019/02/20 (Wed) 12:31:01
ご丁寧な回答を頂きありがとうございました。おかげで不安なく検査を
受けることができそうです。今回いろいろ調べる中で不明な点が出てきました
ので、お教え頂ければと思います。
  ➀CTの機種によって被曝量に違いがあるのでしょうか。
   (例えば64列~320列等)
  ➁違いがあるとすればどの程度なのでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
相談員 - Re: 腹部造影CTについて 2019/02/20 (Wed) 13:44:08
にしながさま
今日の大分は、桜が開花しそうなくらいに春日和です。菜の花もたくさん咲きほころんでいます。春間近ですね。
検査を受けることに対して、わずかでも不安を和らげることにお手伝いできて光栄に思います。
さてCTの機種による被ばく量の違いについてになりますが、64列以上の機種になると、同じ範囲の検査であると仮定して基本的には大きく変わりません。短時間でどれだけ広範囲の部位を検査できるか、または一回の検査でどれだけ精密なデータが取れるかについて差が出るくらいだと思ってください。腹部の検査であれば64列CT装置で十分すぎる性能になります。128列、320列など列数が多い機種は、心臓の検査を行う際に性能を発揮できる装置になります。
たとえが相応しくないかも知れませんし、気分を害してしまうかも知れませんが、一度に16個焼くことができるタコ焼き器と、一度に300個焼けるタコ焼き器があったときに、一度に焼きあがるたこ焼きの数は300個焼きの機械になりますが、一個のたこ焼きを焼くのに必要な熱量は同じです。320列だからと言って線量が多くなることはありません。
例えになり切っていないかも知れませんが、以上説明といたします。不明な点は続けてどうぞ。
にしなが - Re: 腹部造影CTについて 2019/02/21 (Thu) 20:20:13
お忙しい中、詳細なご返信を何度も頂き大変お世話になりました。
おかげで良く理解できました。本当に有難うございました。
相談員 - Re: 腹部造影CTについて 2019/02/21 (Thu) 23:14:55
にしながさま
嬉しいお返事をありがとうございます。少しでも安心して検査を受ける気持ちになられたことを、不安を少しでも払拭することにお手伝いできたことを、本当にうれしく思います。何かまたお手伝いできることがあれば、いつでもご相談ください。
当法人ホームページのご利用ありがとうございました。
[ e:349][ e:442][ e:446][ e:454][ e:456][ e:786][ e:451][ s:472D][ s:472E][ s:4731]
[ e:731][ e:732][ s:4740][ s:4741][ e:51][ e:265][ e:266][ e:262][ s:4F4F][ s:453D]
[ s:4F34][ s:4532][ s:4F32][ e:45][ e:219][ s:4F62][ s:4540][ s:4763][ s:4766][ s:4767]
[ s:476A][ s:4769][ s:476B][ s:4768] [ s:476C][ s:476D][ s:4538][ s:504E][ s:473E][ s:473D]
[ s:4F2D][ s:512B][ s:5151][ s:4526][ s:4528][ s:452B][ s:4775][ s:453C][ s:453A][ s:453B]